グランレブリーの注文住宅Premium

Technology 構造について

メニュー

Technology Concept

「いい家」というのは
間取やデザインだけ
ではありません。
構造にもしっかりと
こだわっています。

断熱性能Insulation performance

住まいの中の熱が
一番奪われるのは

窓なのです。

樹脂サッシ

グランレブリーでは、国内最高基準の断熱性サッシで省エネ効果を発揮。

Point01 グランレブリーでは、
国内最高基準の断熱性
サッシで
省エネ効果を
発揮。

グランレブリーでは、国内最高基準の断熱性サッシで省エネ効果を発揮。

樹脂と複層ガラスによりハイレベルの断熱性を実現させた「樹脂サッシ」を採用。熱の出入りを抑え、夏も冬もいつも快適。新技術によりフレーム強度が向上され、スリム化したサッシです。

樹脂フレームとLOW-E 複層ガラスで、国内最高レベルの断熱性能。冬でも暖かい部屋が実現。

お部屋に合わせたガラス選びで、断熱と日射熱取得をコントロール。

Point02 お部屋に合わせたガラス
選びで、断熱と日射熱取得
をコントロール。

お部屋に合わせたガラス選びで、断熱と日射熱取得をコントロール。

2 タイプのLOW-E 複層ガラスをラインアップ。
冬場に太陽の暖かさを取り込みたい南向きの部屋には “日射取得型” のガラス、厳しい西日が差し込む部屋には “日射遮蔽型” といったタイプ分けが可能です。

暑さから大切な家族を守りたいから、夏の熱気は部屋へ入れません。

Point03 暑さから大切な家族を
守りたいから、夏の熱気は
部屋へ入れません。

暑さから大切な家族を守りたいから、夏の熱気は部屋へ入れません。

樹脂窓は、室温を上げる日射熱をブロックします。そのため室内側のフレームとガラスの温度は従来の窓のように高温になることもなく、室内温度が快適に保たれるのです。夏の窓辺の表面温度は、窓でこんなにも変わります。

断熱材

グランレブリーの
断熱性能は
室内の
快適な温度環境を
守ります。

Point01 断熱等性能【等級5】

グランレブリーの住まいは断熱性にすぐれたサッシや高性能の断熱材を使用しておりますので、家全体から熱が逃げにくくなり少ないエネルギーで室内が快適な温度環境になります。夏は冷房の涼しさを逃さず、外気の熱を遮り、冬は暖房のあたたかさを逃さず、外気の冷気を防ぎます。

断熱等性能【等級4】
グランレブリーでは、国内最高基準の断熱性サッシで省エネ効果を発揮。

Point02 断熱材には、安全性が高く、優れた性能を持つグラスウールを採用。

グランレブリーでは、国内最高基準の断熱性サッシで省エネ効果を発揮。

断熱性能の高さはもちろん、ノンホルムアルデヒドの人にやさしい安全で安心な断熱材です。

また不燃性のガラスを主原料としているため、火災時の延焼防止もあり、さらに耐久性や吸音性にも優れた断熱材です。

グランレブリーでは、国内最高基準の断熱性サッシで省エネ効果を発揮。

▼ 断熱玄関ドア

断熱玄関ドアで1年中快適な玄関に。

Point03 断熱玄関ドアで1年中
快適な玄関に。

▼ 断熱玄関ドア

断熱玄関ドアで1年中快適な玄関に。

外気の侵入を抑える断熱素材・構造の玄関ドアを採用。熱の出入りを抑えることで、冷暖房の効率もアップします。

家の開口部からは、私たちが考える以上に熱が出入りしています。開閉時はもちろんですが、閉めているときも、熱は隙間から少しずつ漏れだしたり、入ってきたりします。そんな開口部を素材と構造の工夫で断熱化すれば、冷暖房の効率もアップ。居心地のいい住まいが実現します。

断熱ドアで1年中快適なドアに

▼ 断熱性を比べる数値

UA値は熱の逃げにくさを数値化したものです。

Point04 UA 値は熱の逃げにくさを
数値化したものです。

▼ 断熱性を比べる数値

UA値は熱の逃げにくさを数値化したものです。

建物の断熱性能は壁や窓といった単体の性能では比較できません。壁、窓、床、天井といったトータルの「外皮」としての性能はUA値で熱の逃げにくさを数値化します。

▼ 国の進める低炭素社会へ向けてのロードマップ

断熱等性能 等級4基準

耐震性能Seismic resistance

耐震性とは

建築基準法では、極めてまれに発生する地震でも倒壊しない耐震性が等級1ですが、
グランレブリーの注文住宅では建築基準法の1.25~1.5倍の耐震性があります。

大きな災害が懸念される今だからこそ、大切な家族を守る安心の建物構造と仕様。

大きな災害が懸念される
今だからこそ、大切な家族
を守る安心の建物構造と
仕様。

大きな災害が懸念される今だからこそ、大切な家族を守る安心の建物構造と仕様。

今後予想される大型地震に備えるのはもちろん、近年では大型で強い台風や竜巻なども珍しくなくなってきました。
ますます懸念されるさまざまな自然の脅威に、あなたの大切なご家族と財産を守るため、グランレブリーでは住まいづくりにおける災害への備えを多角的にとらえ、法律で定められた基準値よりもさらに強い建物構造を追求しております。

耐震等級1
耐震等級2
耐震等級3

耐震等級2

グランレブリーの注文住宅 3階建て仕様
耐震等級1の、1.25倍の地震に耐えられる性能・耐震強度の水準です。「長期優良住宅」では、耐震等級2以上が認定の条件とされています。また災害時の避難所として指定される学校などの公共施設は、耐震等級2 以上の強度を持つことが必須です。

耐震等級3

グランレブリーの注文住宅 2階建て仕様
等級3 は、耐震等級1 の1.5 倍の地震力に耐えられるだけの性能・耐震強度水準です。住宅性能表示制度で定められた耐震性の中でも最も高いレベルであり、一度大きな地震を受けてもダメージが少ないため、地震後も住み続けられ、大きな余震が来ても、より安全です。災害時の救護活動・災害復興の拠点となる消防署・警察署は、多くが耐震等級3で建設されています。

震度7 の揺れが、立て続けに2 回起こった熊本地震では、1度目は耐えたが2度目の地震で倒壊した住宅も多数あった中、等級3 の住宅は2度の震度7 に耐えていたことが、専門家の調査によって明らかになっています。

※耐震等級の申請が必要な場合は、申請費が別途必要となります。

気密性能Airtightness

気密性能について

断熱性能を上げるだけでは、住宅の性能は十分に発揮できません。
同時に気密性についても高めておかなければなりません。
省エネルギー基準では気密性能の規定がありませんが、断熱性を発揮する上でとても重要です。

▼ 気密性を比べる数値

気密性を比べる数値

Point01 C値は住宅全体のすきまの
大きさを表します。
数値が小さいほど気密性が
高くなります。

▼ 気密性を比べる数値

気密性を比べる数値
換気効率のよい気密性を実現

Point02 換気効率のよい
気密性を実現

換気効率のよい気密性を実現

C 値=ゼロが設計上では隙間のない家となります。実際には隙間ゼロというのはありえません。
住宅というのは少なからず漏気があり、気密性に注意していない建築現場では漏気量の把握もできず、設計の性能が活かされていないことになります。

そのため、建築途中の住まいの漏気量を現地で検査、補修して相当隙間面積C値を測定し、気密性を高める住まいづくりをしています。
※C値測定と補修はオプションとなります。

気密性が高い家は気密性能だけではなく、断熱性能も高い家となります。

Point03 気密性が高い家は気密性能
だけではなく、断熱性能も
高い家となります。

建材の特性や設計と合わせて、壁や天井、床などの部材と部材の間に生じる隙間を出来るだけ小さくし気密性を上げ、同じように断熱材もしっかり丁寧に施工し、夏涼しく、冬暖かい、快適な住まいとなるのです。

気密性が高い家は気密性能だけではなく、断熱性能も高い家となります。

住宅性能評価House quality

「グランレブリーの注文住宅プレミアム」では
国の定める住宅性能評価制度で、
7項目、8分野において最高等級をクリアしております。

Point01 住宅性能表示制度とは

住宅の性能を工法・構造・施工者の別によらず、共通に定められた方法を用いて客観的に示し、それを第三者が確認することを通じて安心の住宅が供給されることを目的として、国土交通省が住宅性能表示基準と、評価方法基準を定めています。

住宅性能表示制度

ご注意

※お客様のご希望による間取り変更や仕様等の変更などがあった場合、等級が下がる場合がございます。予めご了承ください。

※住宅性能表示制度は法律に基づく仕組みですが、義務づけられているものではございません。「グランレブリーの注文住宅プレミアム」は上記項目の性能評価を満たしておりますが、すべての建物に住宅性能評価を申請しているわけではございませんので、ご自分の新築する住宅性能を明らかにしたい場合は当社にご相談ください。

地震などに対する強さ(構造の安定)

地震などが起きた時の倒壊のしにくさや損傷の受けにくさを評価します。等級が高いほど地震などに対して強いことを意味します。
等級1でも、建築基準法を満たす住宅なので、大地震が起きても倒れてしまうことはまずありませんが、性能表示制度を使うと、評価機関が建築工事を検査するので、ミスや手抜き工事の防止に役立ちます。
このほかにも、強風や大雪に対する強さに関する評価もあります。

火災に対する安全性(火災時の安全)

住宅の中で火事が起きたときに、安全に避難できるための、燃え広がりにくさや避難のしやすさ、隣の住宅が火事のときの延焼のしにくさなどを評価します。

柱や土台などの耐久性(劣化の軽減)

年月が経っても土台や柱があまり傷まないようにするための対策がどの程度されているかを評価します。等級が高いほど柱や土台などの耐久性が高いことを意味します。
木造の場合は主に土台や柱が腐らないようにするための対策、鉄筋コンクリート造の場合は主に柱や梁のコンクリートがもろくならないための対策、鉄骨造の場合は主に鉄の部分が錆びにくくする対策を評価します。

配管の清掃や補修のしやすさ、更新対策 (維持管理・更新への配慮)

水道管やガス管、排水管といった配管類は一般に構造躯体の修繕などを実施するよりも早く取り替える必要があります。そこで配管の点検や清掃のしやすさ、万一故障した場合の補修のしやすさなどを評価します。等級が高いほど配管の清掃や補修がしやすいことを意味します。

省エネルギー対策(温熱環境・エネルギー消費量)

暖房や冷房を効率的に行うために、外皮(壁や窓など)の断熱などがどの程度されているかまた、設備(暖冷房、換気、給湯、照明)や創エネルギー(太陽光発電など)を総合的に評価します。等級が高いほど省エネルギー性に優れていることを意味します。

シックハウス対策・
換気(空気環境)

接着剤等を使用している建材から発散するホルムアルデヒドがシックハウスの原因のひとつとされているため、接着剤を使用している建材などの使用状況を評価します。
建築工事が完了した時点で、空気中のホルムアルデヒド等の化学物質の濃度などを測定することも可能です(ただし、測定はオプションです)。
また、住宅の中で健康に暮らすためには適切な換気が必要なので、どのような換気設備が整えられているかについても評価します。

遮音対策(音環境)

主に共同住宅の場合の評価項目で、上の住戸からの音や下の住戸への音、隣の住戸への音などについて、その伝わりにくさを評価します(この評価項目はオプションです)。

Contact お問い合わせ

注文住宅Premium関する
お問い合わせは
こちらから
お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOPへ