Concept SDGsに対する取り組み

グランレブリーは住空間から世界を変えます。


SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月、国連サミットにて193の国連加盟国の間で採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際開発目標です。
「世界を変えるための17の目標」により構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府も積極的に取り組んでいます。

グランレブリーは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしています。
引き続きこれら課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

健康に、快適に暮らせる住まい

住まいの断熱性能、気密性能を高めることで、エネルギー消費の少ない快適な暮らしを提案いたします。
断熱性能は品確法の断熱等性能等級4を標準仕様とし、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる空間作りに取り組んでいます。断熱性にすぐれたサッシや高性能の断熱材を使用しておりますので、家全体から熱が逃げにくくなり少ないエネルギーで室内が快適な温度環境になります。冬の建物全体を新鮮な空気で暖め、ヒートショックのリスクを抑えることにつなげています。私たちが提案する住宅が、健康で快適に暮らせる住環境であるように、日々研究を重ねています。

自分たちらしい暮らしと家づくり

家づくりをするにあたりたくさんの情報を集めてみたけれど、どうすれば実現できるのか。家を建てた後、理想とする豊かな暮らしをしたいけれど、どんなことができるのか。そんな暮らしに関する想いに応えるべく、モデルハウスの公開、分譲現地のご案内会、構造見学会など様々なイベントを開催しています。実際に見て、聞いて、体験できる場があることで、より自分たちらしい暮らしを見つけていただくための取り組みです。
また、共働き世帯の増加や子育ての考え方の変化、テレワークの推進、多様化するライフスタイルなどの時代の流れを捉え、常にプランニングを刷新。パブリック空間のスタディスペースや、家事効率を高める動線&仕様、スマートフォン活用のIoT設計、室内物干しを兼ねたマルチルームなど、ひとつひとつのプランに多彩なアイデアを盛り込んでいます。

永く住み続けられる住まいと街を目指して

建物が経年変化をするのと同様に、そこに住まう方の暮らしも変わっていきます。そんな家族の成長に寄り添う暮らしを支える住宅を提案しています。
住宅の計画・設計をする際、整理された構造、可変性に対応できる間取り、設備の更新を考慮した配置を考え、将来のリフォームも視野に入れた提案をいたします。家の寿命よりも先に、暮らしの変化に対応できずに家を取り壊してしまう、そんな事態が起こらないようにと、耐久性と可変性を大切にした住宅作りに取り組んでいます。
立地条件や建物形状、間取りなど、どれひとつとして同じもののないグランレブリーの住まい。どの住戸も優れた省エネ性を確保するため、まず一邸一邸の設計図に立地条件を加味して、断熱性能を計算します。
さらに地球温暖化対策としてZEH住宅の推奨をしております。またZEH仕様ではなくても、エコキュートやエコジョーズなどの高効率な給湯システム、高断熱仕様、空調、省エネ換気、太陽光発電や、HEMSなどの省エネを助長させる機器を組み合わせ、CO2を少しでも削減し、地球にやさしい住まい造りを目指します。
 

企業姿勢として

グランレブリーでは、多様な人材の採用や育成、登用を積極的に進めることで企業活動に多様な視点を取り入れ、イノベーションを生み出すことのできる組織を目指しています。特に女性従業員の活躍は人材戦略上の重要課題と捉えています。
さらに事業活動に関わるすべてのコミュニケーション活動を、人権の観点からも豊かなものにしたいと考えています。そのため、社員一人一人が人権について正しい知識を身につけて理解を深めその知見を業務に生かしていくことを目指しており、社員の能力発揮のためにも、ハラスメントの防止を徹底し、社員の人権を守ることも、重要なテーマであると考えています。
また社用車にはエコカーを随時導入。クリーンエネルギーへの移行を通じて低炭素社会への移行に貢献していきます。
PAGE TOPへ