京都の新築一戸建・賃貸マンション・不動産全般のことなら、グランレブリーへ【TVCMオンエア中!】

グラデーション
> ZEHページ

ZEHページ

グランレブリー

ZEHビルダーへの登録とZEH事業への取り組み

グランレブリーでは「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通りZEH事業計画を策定いたしました。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)事業計画書

1.ZEHビルダー情報

事業者名 株式会社グランレブリー
登録名称(屋号等) 株式会社グランレブリー
採択された際に公表する電話番号 0753810010
採択された際に公表するURL http://grandereverie.jp/
業種 住宅設計・住宅施工・住宅販売
住宅の種別区分 新築注文住宅・新築建売住宅
登録エリア 北海道以外の都府県
ZEH目標の公表方法 ホームページ

2.今後の普及目標

注文…新築注文住宅 建売…新築建売住宅
単位(戸)
ZEHシリーズ受託率の合計 (ZEH受託率+Nearly ZEH受託率)
平成28年度目標
合計 5%
平成29年度目標
合計 10%
平成30年度目標
合計 15%
平成31年度目標
合計 20%
平成32年度目標
合計 50%

3.具体的なZEH普及策(ZEH低コスト化への取り組み等)

①ZEHの周知・普及に向けた具体策

地球温暖化ガスの排出量削減は世界的な課題であり、国内でも省エネ住宅には関心が高まっております。そこで様々な広告媒体を用い、従来の省エネ住宅に加え「創エネルギー」、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」(ZEH)をわかりやすく説明宣伝をし、当社がZEHビルダーという事をユーザーに認識して頂きます。一年を通して新築分譲販売を数多く手掛ける当社ならではの宣伝広告活動により様々な媒体への幅広い告知が可能です。
また、今後はモデルハウスなどでもZEH仕様を採用し、モデルハウス現地での見学会や説明会などを催し、よりユーザーに分かりやすい説明を予定しております。さらに2020年までの国のロードマップ、2030年までの政策目標もご説明し、これからの新築住宅のあり方をユーザーにご提案をしていくことによりZEHの周知、普及をして参ります。

②ZEHのコストダウンに向けた具体策

新築住宅の年間分譲棟数から生まれるスケールメリットを活かしたコストダウンを今一度見直し、さらにプラスZEH仕様にすることによる原価増に対して協力会社と協議をし、ZEHを標準仕様として採り入れる事などでさらなるコストダウンを実現します。また省エネ能力が高く、コストパフォーマンスも高い部材の探求、調査、検討をし、順次採用してまいります。

③その他の取り組み等

省エネルギー住宅としての性能だけではなく、吹抜やトップライトを採用したり、開口の位置を考慮したりと住まいの中に自然エネルギーを採り入れ、なるべく電力を消費しない工夫のある間取りプランの作成をご提案いたします。またZEH仕様ではなくても、エコキュートやエコジョーズなどの高効率な給湯システム、高断熱仕様、空調、省エネ換気、太陽光発電や、HEMSなどの省エネを助長させる機器を組み合わせ、CO2を少しでも削減する住まい造りを目指します。

以上の通り、新築分譲住宅、注文住宅において平成32年度までにZEH普及率50%以上を目標とし、ZEHの普及に努めてまいります。

Copyright(c) GrandeReverie Co.ltd All Right Reserved.